CardWirthPy のススメ

CardWirthPy とは、CardWirth 1.50 の互換エンジン です。groupAsk 様が制作された CardWirth とはまったくの別物ですが、カードワースのキャラクターを作ってシナリオを遊ぶことができます。非常に軽快に動作することや、操作の快適性から、私は CardWirthPy を普段使いにしています。

CardWirthPy には、CardWirth にはない様々な機能があります。中でも スキン機能は私が熱狂している機能 で、吸血鬼バリアント風スキン「BloodWirth」を制作し、配布に至るまでになりました。

インストールとアンインストール

CardWirthPy Reboot のダウンロードページ

CardWirthPy のインストールは、ダウンロードした ZIP ファイルを、お好きな場所に解凍するだけ です。アンインストールは、CardWirthPy をフォルダごとゴミ箱に入れて削除します。

ダウンロードページに似たような名前のリンクが並んでいるので、どれをダウンロードすればいいのか、わからないかもしれません。開発サイトからダウンロードする場合には、スクリーンショット画像を参考にしてください。

Bitbucket に障害が発生して、ダウンロードできなくなる場合があります。その場合には、攻略 Wiki のダウンロードページ でミラーが提供されていますので、こちらをを試すといいかもしれません。CardWirthPy2 α版は、BloodWirth の配布ページ でもミラーを提供しています。

CardWirthPy バージョン2

現在開発が進んでいるバージョンは、CardWirthPy 2.0αです。プレイを快適にするためのエンジンへの機能追加や、専用シナリオへの機能追加が行われています。

個人的に注目しているのは、標準効果音の追加や、高解像度対応など、ゲーム表現を豊かにする機能です。また、ゲーム画面からシナリオをインストールする機能も追加されつつあります。

α版は開発の進捗まとめ版のようなもので、機能追加も不具合修正も途中ですが、遊ぶことはできるので、バグや小刻みな更新を恐れない方は移行をおすすめします。

専用シナリオ形式 WSN

WSN 形式のシナリオでは、CardWirthPy の独自機能を利用したシナリオを作ることができます。WSN ファイルの正体は、テキストファイル(XML)と画像等の素材を ZIP 圧縮したものです。そのため、特別なソフトを使わなくても、中身を見ることができます。

Wsn.1 は CardWirthPy1 用のシナリオ形式です。 Wsn.2 は CardWirthPy2 用のシナリオ形式で、エンジン開発と並行して仕様の策定が進んでいます。


CardWirth からの移行

宿データを引き継ぐ場合

「スタート」カードをクリックすると、宿の選択画面が表示されます。宿の選択画面に、引き継ぎたい宿のフォルダをドラッグ&ドロップします。CardWirthPy 用に変換された宿のデータが、CardWirthPy の Yado フォルダ内に作られ、遊べるようになります。

CardWirthNext のように、元の宿データが変質することはありません。元の宿データは引き続き CardWirth で利用できます。

CardWirthPy 用の宿データを、CardWirth 用の宿データに逆変換することもできます。宿の選択画面から「拡張」ボタンをクリックし、「逆変換」ボタンをクリックします。宿データを保存したい Yado フォルダとエンジンバージョンを選択して、「決定」ボタンをクリックしてください。

エンジンの見た目を引き継ぐ場合

CardWirthPy の画面に、CardWirth の実行ファイル(CardWirth.exe 等)をドラッグ&ドロップします。そのエンジンの見た目を引き継いだスキンを自動作成する画面が表示されます。「決定」ボタンをクリックしたあと、ウィンドウ右下の歯車アイコンから設定画面を開くと、スキンを切り替える事ができます。

同時に、CardWirthPy の Yado フォルダには、元のエンジンの宿データへのショートカットが作成されています。宿の選択画面からデータの変換を行うことで、CardWirthPy で引き続き遊ぶことができます。この場合も、元の宿データが変質することはありませんので、安心です。


配布スキンの利用

拙作 BloodWirth や、攻略 Wiki のスキン解説ページ で紹介されているものなど、配布されているスキンを利用することができます。

配布されているスキンの圧縮ファイルを解凍し、Skin.xml ファイル を探してください。 Skin.xml ファイル が入っているフォルダを、CardWirthPy の Data\Skin フォルダ に入れます。CardWirthPy のウィンドウ右下の歯車アイコンから設定画面を開くと、スキンを切り替える事ができます。

スキンによっては、専用のシナリオなどが付属している場合があります。おそらくは、目につきやすい場所に ReadMe ファイルが同梱されていますので、その案内に従って取り扱ってください。

BloodWirth の場合

BloodWirth は、最新の正式版に組み込み済みの「CWPy 同梱版」も配布していますし、CWPy2 α版には同梱していただいていますが、すでに CardWirthPy を利用している場合には、手動で追加していただく必要があります。

* BloodWirth.zip\
  * Data\
    * Skin\
      * BloodWirth\
        * (省略)
        * ReadMe_BloodWirth.txt
        * Skin.xml
        * (省略)
  * Scenario\
    * BloodWirth\
      * (省略)
  * ReadMe.txt

BloodWirth.zip 内のファイル構成はこのようになっていて、CardWirthPy の Data フォルダScenario フォルダ にそれぞれ上書きするだけ で、スキンとシナリオが追加されます。

スキンを削除するときには、Data\Skin\BloodWirth フォルダ を削除し、Scenario フォルダ から BloodWirth 専用シナリオを削除するだけです。

ReadMe.txtData\Skin\ReadMe_BloodWirth.txt もお読み下さい。